東京23区の葬儀

東京23区の葬儀

葬儀の種類
出棺葬


出棺葬はお通夜を省略した葬儀のことで、「一日葬」とも呼ばれています。家族葬とも似ていますが、お通夜をしないことで家族やごく親しい方だけで、故人とのお別れの時間をゆっくりと過ごすという意味があります。

ただし、家族葬や直葬・火葬と違う点は、通夜は省略するものの翌日の告別式は行うということです。 お通夜を省略することは、その分、故人との時間を大切に過ごす意味もありますが、通夜にかかる返礼品や飲食費などの費用を削ることで、費用の負担を軽くするという意味もあります。

また、最近では仕事などで忙しい人も多く、本来ならば告別式にも参列する間柄の方でさえ、昼間に行われる告別式への参列が難しいとされるのが現状です。そのため、お通夜にのみ参列する方も多くなってきているのです。 となると、施主の負担も大きくなりますし、ゆっくりと故人と最期のお別れをする時間さえも削られてしまいます。そんなことを配慮したのが出棺葬もしくは一日葬といわれる葬儀のスタイルです。

ただし、一日だけの葬儀でいいのだから、費用も半分になるのでは?と思われがちですが、基本的には親族だけでもお通夜として葬儀式場を借りるのであれば、2日にまたがった料金設定となることが多く、実際の葬儀は一日であっても、式場側としては前日から準備をするため2日分の料金を請求してきます。

また、僧侶や牧師を呼ぶ場合にも、お通夜と告別式はそれぞれに役割があるため、お布施は2日かかることもあります。もちろん、葬儀の費用を安く抑えたいために出棺葬を選ぶのと、故人とゆっくりと過ごしたいので出棺葬を選ぶのであれば、その目的は当然違ってきます。その辺も最近の葬儀業者は心得ているところが少なくありませんので、その旨をキチンと伝えることが大切です。

出棺葬のメリットは次の通りとなります。

・最期のお別れをゆっくりと過ごせる
・僧侶などがいなくともお別れができる
・一般葬よりも小規模で行える
・祭壇を飾ることで故人への敬意を払える。


<ご参考:葬儀斎場(東京都23区内)>
大田区の方は、火葬場併設の臨海斎場・桐ヶ谷斎場を利用する事が多いです。
港区の方は、火葬場併設の臨海斎場・桐ヶ谷斎場を利用する事が多いです。
目黒区の方は、火葬場併設の桐ヶ谷斎場・代々幡斎場・臨海斎場を利用する事が多いです。
品川区の方は、火葬場併設の臨海斎場・桐ヶ谷斎場を利用する事が多いです。
世田谷区の方は、火葬場併設の桐ヶ谷斎場・代々幡斎場・臨海斎場を利用する事が多いです。
文京区の方は、火葬場併設の落合斎場・町屋斎場を利用する事が多いです。
杉並区の方は、火葬場併設の堀ノ内斎場を利用する事が多いです。
渋谷区の方は、火葬場併設の代々幡斎場・桐ヶ谷斎場を利用する事が多いです。
新宿区の方は、火葬場併設の落合斎場を利用する事が多いです。
中央区の方は、火葬場併設の桐ヶ谷斎場・町屋斎場・落合斎場を利用する事が多いです。
千代田区の方は、火葬場併設の桐ヶ谷斎場・町屋斎場・落合斎場を利用する事が多いです。
練馬区の方は、火葬場併設の堀ノ内斎場・落合斎場を利用する事が多いです。
板橋区の方は、火葬場併設の戸田葬祭場を利用する事が多いです。
足立区の方は、火葬場併設の町屋斎場・戸田葬祭場を利用する事が多いです。
北区の方は、火葬場併設の町屋斎場・戸田葬祭場を利用する事が多いです。
葛飾区の方は、火葬場併設の四ツ木斎場を利用する事が多いです。
中野区の方は、火葬場併設の落合斎場・堀ノ内斎場を利用する事が多いです。
豊島区の方は、火葬場併設の落合斎場を利用する事が多いです。
荒川区の方は、火葬場併設の町屋斎場を利用する事が多いです。
台東区の方は、火葬場併設の町屋斎場を利用する事が多いです。
墨田区の方は、火葬場併設の町屋斎場・四ツ木斎場を利用する事が多いです。
江東区の方は、火葬場併設の四ツ木斎場を利用する事が多いです。
江戸川区の方は、火葬場併設の四ツ木斎場を利用する事が多いです。

■ 東京23区内の葬儀


町田 不動産

Calendar