音楽葬を行う時の注意点について

音楽葬を行う時の注意点について

音楽葬を行いたいと思った時、注意しなければいけない点も存在します。
まず、音楽葬を行いたいと思っても、式場によっては音楽自体を流すことができない場合もあります。

この場合、故人の希望を叶えることはできませんので、式場を選ぶときには必ず音楽葬を行えるのか確認しておく必要があります。
さらに、宗教によっても音楽葬自体ができない場合があります。

宗教が絡んできたときには様々な制約もうまれてきますので、まずはその制約を守る必要もあります。

特定の宗教に入っている場合、音楽葬を行っても大丈夫なのか宗教関係者に問いあわせておくようにしましょう。

以上の点を必ずチェックすることにより、心に残る音楽葬を行うことができます。

弔いの新しい形「音楽葬」

故人への新しい弔いの形として、最近注目されているのが「音楽葬」です。音楽葬とは、読経や賛美歌の代わりに、故人が好きだった音楽や、故人をイメージする曲などを会場に流すもの。

無宗教のほか、学校や会社などの合同葬儀の場とも音楽葬は愛称がよく、よく使われています。

使用される音楽はクラシックなどの、雰囲気を壊さない静かなそれらしい曲よりも、むしろ故人の人柄を表す歌謡曲やポピュラーソングがおすすめです。

また、芸能人やアーティストの葬儀で音楽葬が取り上げられはじめてからは、「自分の葬儀ではこの曲を流してほしい」という故人からの指定やリクエストも増えてきているそうです。

音楽葬の選曲によっては、ご年配の方や、格式を重んじる参列者の方の中には、眉をひそめる方もいらっしゃるかもしれませんので、故人の意思を尊重した上で、事前にしっかりと式の趣旨を説明し、理解を求めることが大切です。
音楽葬・家族葬・無宗教葬について


町田 不動産

Calendar