任意売却より競売の方が安いのは

任意売却より競売の方が安いのは

ネットで調べると「競売より任意売却の方が高く売れる」というサイトがたくさんあります。
ただ、それを鵜呑みにしてしまうのは良くありません。そこで、任意売却より競売の方が安くなってしまう理由について調べてみることにしました。
結論としては、同じ不動産の現金化である任意売却と競売ではあるが、競売はかなり特殊なものとして扱われるため安くなるというものでした。具体的な理由はかなりややこしいことになっていたため、すべてを把握することはできませんでした。例として一つ挙げると、競売が始まるまでの時間が短いというのがありました。入札の広告から開札まで約3週間という短さをしています。この間、入札する側は必要な情報を集め、1回の入札をすることになります。買う側にとってはとてもリスキーなものであり、高い金額を設定できないというのは当然のことと言えるでしょう。 すべてを理解することはできませんでしたが、任意売却の方が高く売ることができるというはっきりとした根拠が見つかったのは良いことでした。
もし住宅ローンを返済できなくなったとしても、安心して任意売却を選択肢に入れることができそうです。


リースバックという任意整理

任意売却をした場合、原則としてその家からは引越しをしなければなりません。
しかし中には、引越しをしたくない、あるいはできないという人がいます。 例えば、子どもの学校の都合があるので、できれば任意売却後も同じ家に住み続けたいという場合があります。 そんな場合にはどうすればいいのか、任意売却の専門業差でしたら、リースバックという方法を取ります。 リースバックというのは、どのような方法なのでしょうか。
リースバックというのは、任意売却後、その買い手の方と賃貸契約を結んでもらい、それによってその家に住み続けることをいいます。 賃貸という形には変更になりますが、任意売却後もマイホームから離れる心配はありません。 この買い手ですが、もちろん第三者という場合もあります。 また、任意売却の専門業者自らが買い手となる場合もあります。 後者の買い手の場合、後々買い戻すことも可能になります。 後々資金のめどが立っているという場合には、任意売却の専門業者に買取ってもらうというのもいいでしょう。


【神奈川県(他市・町)】
任意売却 相模原市/ 任意売却 鎌倉市/ 任意売却 逗子市/ 任意売却 三浦市/ 任意売却 葉山町/ 任意売却 厚木市/ 任意売却 大和市/ 任意売却 海老名市/ 任意売却 座間市/ 任意売却 綾瀬市
任意売却 愛川町/ 任意売却 清川村/ 任意売却 平塚市/ 任意売却 茅ヶ崎市/ 任意売却 秦野市/ 任意売却 伊勢原市/ 任意売却 寒川町/ 任意売却 大磯町/ 任意売却 二宮町
任意売却 南足柄市/ 任意売却 中井町/ 任意売却 大井町/ 任意売却 松田町/ 任意売却 山北町/ 任意売却 開成町/ 任意売却 小田原市
任意売却 箱根町/ 任意売却 真鶴町/ 任意売却 湯河原町/

Calendar