社葬として無宗教葬を執り行う

社葬として無宗教葬を執り行う

社葬というものがあります。

会社が喪主になりまして、葬儀を執り行うものになります。

会社についてですが、会社に何らかの功績があった方が行われる葬儀になります。

その車窓ですが、よく無宗教葬というものになることがあります。

無宗教葬はとにかく利用しやすいものになります。

無宗教葬は、宗教にいろいろと左右されるようなものでもありません。

ですので、積極的に無宗教葬が行われるわけです。

出席者の方もあまり気にすることもありません。

宗教葬の場合にはいろいろと気にしてしまうことがあるのですが、そういったこともないわけです。

社葬を行おうと思っている方は無宗教葬についてあらかじめ考えておくべきです。

無宗教葬でしたら、会社のような多くの方がいらっしゃる所での葬儀にも適していると言えます。

無宗教葬を要望の場合には無宗教葬おすすめしています

みなさんは、無宗教葬ということを聞いたことがありますか?

無宗教葬というのは、キリスト教の讃美歌や仏教の読経などの代わりに、故人に関係の深い音楽や故人の好きだった曲などを流すスタイルの葬儀のことをいいます。

葬儀を行う方には、家族葬の無宗教葬を要望される方も多くいます。

家族葬の無宗教の場合は、最後のお見送りがやはり寂しく思うことがあります。

そのため、無宗教葬を要望されるご遺族には、無宗教葬おすすめしています。

無宗教葬の場合には、「故人様が生前にお好きだった曲や歌などはありませんか?」とお聞きしています。

そこで、故人が生前に好きなような、たとえば歌謡曲などがあれば、葬儀の中でそのような曲を流すようにしています。
音楽葬・家族葬・無宗教葬について
葬儀について


町田 不動産

Calendar