戒名

戒名

戒名をつける人とその位、または戒名をつけない人はどうするのか

個人の意思、もしくはご家庭の事情により戒名をつけるか、つけないか別れるところではありますが、それらに関する注意点などを書こうと思います。

葬儀社の選び方は家族葬儀もできる所をお勧めします。納得できる選択をしましょう。


戒名をつけていただく場合は、通常お通夜のお経を読み終わったあとになります。戒名にはランクがあり新人の深さや、生前の地位などによっても違ってくるそうです。そういったものによって決まるので「買う」ものではないとされています。

が!実際のところお布施の金額によっても違うのが実情みたいですね?この辺は、お坊さんと要相談というところでしょうか。お布施の金額、とかきましたが戒名に関しては「戒名料」としては渡しません。「お布施」として戒名をつけてもらったお礼をするという形になります。先ほど申し上げたとおり「買う」物ではないので、その名称は使用しないのだそうです。

さて、故人の意思やご家庭の事情で戒名をつけない場合に関してですが、これは困ったことにお寺で納骨を断られてしまう可能性があるのだそうです。なぜか?「戒名」=「仏様のお弟子さんとしての名前」ということがありようで「お弟子さん」じゃない人の納骨は受けられないというあちらの事情とでも申しましょうか。「絶対に」断られるとは言い切れませんが可能性としては断られることもあると、ちょっと記憶に残してください。

これも、お坊さんとの相談によりますが。「どうしても、絶対に戒名は無理!」という場合に関しては、恐らく公営墓地に入れることなら出来ると思います。その公営墓地により異なるでしょうから納骨したい先方に問い合わせてみてください。

突然の不幸に、遺族の方は悲しんでいる暇すらなく、慌しく過ごさなければなりません。葬儀社の選び方は、家族葬にも対応している所をお勧めします。故人の意思や遺族の意向により、葬儀の規模は様々です。かつては大規模な葬儀が主流でしたが、最近では家族規模の葬儀も増えつつあります。突然の事で、どのような葬儀会社を選べば良いか迷ってしまいますが、柔軟に対応する事ができて、選択肢が多い葬儀会社を選ぶようにしましょう。


Calendar