法的な手続き

法的な手続き

亡くなってすぐにしなければいけない法的な手続きと必要な書類

お医者さんから出された「死亡診断書」を添付して「死亡届」を提出しなければなりません。これは今後の葬儀の進行にも関わってくるのです。 亡くなってから1週間以内にとはなっていますが速やかに提出しましょう。 これらを提出しないと「火葬許可証」が発行されないのです。つまり葬儀が行えないという事態になるのです。

お勧めします。よい葬儀社の選び方をお教えしましょう


「火葬許可証」は「火葬許可証申請書」を出したら、その場で発行される書類です。これは火葬の際に火葬場に提出するものです。受け取った火葬場の職員の方が必要なことを書き加えてから返してくれるのですが、これも忘れずに受け取ってきてください。書き加えたこの書類が「埋葬許可証」なのです。これがないとお墓に納骨できないことになります。

これは、一般的には親族の方が手続きをすることになっており、本籍地でなくても住民票のあるばしょでなくてもできるのだそうですが、どうしても親族の方が出来ないときは「死亡届」に関してのみ他の人も手続きをして良いことになっていると聞きました。

もしも、そのような事態になった場合は念のために最寄の役所の担当部署に聞いてみることをオススメします。一連の流れがありますので、問題なく進めるには事前に役所の情報を調べておくのも大事ですかね。


よい葬儀社の選び方を知っていると多くのメリットがあります。葬儀社選びで大切なこと、葬儀社選びのポイントをお教えしましょう。有名な葬儀社だから、大きな葬儀社だからという理由で選ぶことはお勧めできません。地域で長年葬儀社をしているところの資料を集めることをお勧めします。地域の平均的な葬儀の費用と葬儀内容を把握することが大切です。丁寧なサービスをしてくれるのでお勧めします。また、全国規模の葬儀社はプランがあらかじめ用意されているので選びやすいのでお勧めします。


Calendar