新盆

新盆

葬儀後初めてのお盆を向かえるに当たって

そもそも「お盆」とは、というところからにします。8月13日を「盆の入り」(始まり)といい16日を「盆の明け」(終わり)といいます。

まず、お盆を向かえるにあたって仏壇の掃除をします。毎日掃除するものですが、ここでは先祖をお迎えするのに念入りに綺麗に掃除しましょう。お盆の棚を用意してお線香・お花・ろうそく・果物(故人の好きだった食べ物など)を用意して配置してください。

仏壇の脇には灯篭を左右に1つずつ設置して置物のようですね。これは近しい親戚の方が送ってくれるもののようです。私が見たことのあるものは大体、電気で明かりがついて青い明かり、もしくは灯篭そのものが青で出来ているものをよく見かけます。今では一般的なのかな?と思いましたので書いておきます。

親族を集めて故人の霊を迎えましょう。お坊さんにも着ていただいてお経をよんでいただき、参加した方と会食します。

お彼岸の説明もしておきますね。春分の日、秋分の日の前後を含めた3日間をそれそれ「お彼岸」といいます。

春には「ぼたもち」、秋には「おはぎ」をお供えするのは子供のころからよくみていますよね。お彼岸には家族全員でお墓参りをして先祖の霊をくようしましょう。


町田 不動産

Calendar