葬儀屋さんとの打ち合わせ

葬儀屋さんとの打ち合わせ

滞りなく葬儀を進めるための葬儀屋さんと綿密な打ち合わせを

前のブログで書いたように、どのように葬儀を執り行うかは決まっていると思います。 ではそれを葬儀屋さんに伝えましょう。

こちらから、故人の宗教、日取り、葬儀の場所、そして金額的な希望も伝えなくてはいけないんです。金額的なものはハッキリと主張しましょう。

葬儀社の選び方は出来るだけ提携業者をお勧めします。また納得のいく費用で葬儀をしましょう


実際どのようにしていくかは「こんな雰囲気でやってくれないか?」という大体のイメージを伝えるといいでしょう。もし「故人が好きだった音楽を流したい」など具体的なものがあれば、それもあわせて伝えると後悔しない葬儀ができるかもしれませんね。

金額的な面については、(祖父のときもそうでしたが)必要なものはセットになっており値段がついているので、お財布事情に見合ったセットを選びましょう。

しかし、特に遺影の料金(写真の加工なども含めて)はセットに入っていなくて別途請求されることもありますので、セットには何が含まれているのか把握してください。そこで理解していないと後になって請求が来てからひと悶着になるので、こちらが賢くならないと損をします。

セット料金の価格も葬儀屋さんによって違うらしいので、出来るものなら2つ3つは検討したいところですけど、実際問題そんな余裕はないと思います。

葬儀社の選び方は人により様々な基準があるとは思いますが、自分が加入している保険会社や勤務している会社などが紹介してくれる場合もあります。そのような提携の葬儀社を利用することが1番安心ですしお勧めします。悪徳な葬儀社によっては、高額なプランを提供することもありますから注意をしましょう。葬儀が終わった後で相場を知って後悔することも考えられます。葬儀費用もピンからキリまであります。火葬だけでよければ、費用もかなり抑えることができますが、できるだけ生前にその人の意向と喪主の経済力なども考えて無理のない葬儀を行うことが理想です。


Calendar