返礼品

返礼品

弔問の方への返礼品とお礼状に関しての知識

返礼品がなぜ必要なのかというところからです。お通夜が終わった後には会食がありますよね。その会食にご都合が悪くて参加できない方もいらっしゃいます。そこで「返礼品」をお渡しするのがマナーとなっています。

遺族の方が喪服の用意をする段階(お通夜の前)で一緒に手配しなくてはいけなかった理由は、このタイミングで会食に出られない弔問の方にお渡しするために先に手配しておくのです。依頼しておけば葬儀屋さんのほうで手配してくれますので安心してください。

ご自分で選んだものをという、お気持ちもお察ししますが恐らくそれだけの余裕のある時間は持てないかと思います。ここは無理をせずに葬儀屋さんに手配をお願いしたほうがいいかもしれません。

「会葬礼状」もお通夜の前に用意するもののひとつですが、お通夜のときに手渡しするものなので事前の手配が必要なのです。これも葬儀屋さんに手配してもらえます。葬儀屋さんはプロですから、もちろん亜種多様な文章の種類も持っているでしょうし、ご遺族のほうで頭を悩ませるまでもなくマナーに従った失礼のない文章のものを用意してくれるでしょう。その点もお任せしてしまいましょう。

出来ることはご自分でなさりたいのは心情的にお察しいたしますけれども、翌日には告別式が控えていますので、ここで無理をなさらないほうがよろしいかと思います。


町田 不動産

Calendar