火葬場

火葬場

火葬場に手のお作法や、骨上げのお作法に関して

火葬場に向かうバスは大体人数を予測しておいて葬儀社に人数に見合った大きさのバスを用意してもらうので、正直言って突然一緒に行くといわれると困りますが、そこは気持ちをお察ししてきて頂きましょう。


葬儀社の選び方は立地が良い所をお勧めします。相談して決めるようにしましょう。


火葬場にて骨壷が必要になるので準備しておきます。重ね重ね申し上げますが「仮称許可証」がないことには流れが止まります。これがないと火葬場では受け付けてくれないのです。当然といえば当然のことでありますが。そしてこれを火葬場の事務所に提出します。

そこで書き加えられてこれが「埋葬許可証」になりますので受け取るのを忘れないでください。納骨できなくなりますよ?

棺は火葬場の職員が火葬炉の前まで移動してくれます。お坊さんがいない場合が多いのですが、そのときはお焼香だけすることになります。

なぜか火葬場は混んでいますので、速やかに済ませましょう(冷たい言い方で申し訳ありません)。火葬炉に入るときは手を合わせてお見送りをします。火葬にかかる時間は故人の体格にもよりますけれど1時間くらいですかね。

この待ち時間のときに参列者に(時間によっては)折り詰めを提供したりして待っていただきます。終わるとアナウンスがあるので、火葬炉の前に行きます。

これから「骨上げ」をします。お焼香などと同様に故人と親等の近い方から骨上げをするのですが2人1組で行います。足元から順に骨を拾っていって上に上がっていきます。一番最後にのどの骨を拾うのは故人と関係の最も近い人になります。

何の骨か分からないときは火葬場の職員にアドバイスを出してもらいましょう。骨壷に入りきって骨上げが終了したら骨壷は桐の箱に収めて白い布で包みます。喪主が骨壷を持っていきましょう。

大事なことなのでもう一度確認しますが「埋葬許可証」は受け取りましたか?

葬儀社の選び方は、専用のセレモニーホールの立地が良い所をお勧めします。故人の方の自宅からの交通の便や、参列される方の事も考慮して選ぶと良いです。立地条件が同様の会社が何軒かある場合には、施設の新しさも条件に加えると分かり易いです。葬儀の期間中、遺族の方は長時間過ごす事になる場所なので、より快適な空間である方が負担が少ないです。また、葬儀会社が提案するプランも重要なので、遺族間で相談して決めるようにしましょう。



町田 不動産

Calendar