出棺

出棺

故人との最後のお別れになります。心残りのないようにしましょう

告別式が完了すると、参列者の方には外でお待ちいただき、ご遺族・親族の方により「対面」をすることになります。

出棺の準備としては、祭壇から棺を下ろします、安置するのは納棺前と同じように北向きに頭を向けることになっているようです。棺をあけたら故人の姿を見るのはこれが最後になりますので、いろいろな思いを込めて感謝の気持ちも込めてお別れをすることになります。

お勧めします、葬儀社の選び方。生前見積りしましょう


別れの手向けにお花をそれそれが棺の中に差し入れます。故人の愛用品で燃やしても問題のないものはこの際に入れてあげることにしましょう。その後、棺のふたを閉めて釘を打ちます。故人と親等の近い順から釘を打っていくのですが1人2回、石で打ちます。力任せにガンガン打つようなことはしないでください。 最終的に葬儀屋さんのほうで完全に釘を売ってくれるんです。

遺族がするぶんには形式的なものでしかないので。それが終わるといよいよ出棺です。親族の中で男性から数人お願いして棺を運んでもらいます。

棺を車に運んだら喪主が参列者の皆さんにご挨拶します。ご挨拶では主にお礼と、忘れてはいけないのは自分の紹介ですかね。誰が挨拶しているのか分からないと困りますから。

この挨拶の内容に関しては、ご挨拶なさる方のオリジナルでも結構ですし、時間的にも余裕がないのであれば若い子に頼んでインターネットにある文例などから拝借するのも賢い方法でしょう。

火葬場に向かうバスへの誘導もスムーズに行いましょう。

葬儀は突然の事で、しかも冷静な判断が難しい状況なため、終わった後に疑問や不満を感じることも実は少なくありません。そういった事を防ぐ為、葬儀社の選び方では生前に複数の葬儀社から見積りを取る事をお勧めします。この時点で断ってくるような葬儀社は、そもそもダメな葬儀社です。誠実なところならばきちんと対応してくれます。時間がないからと病院で勧められたから、一番近いからと安易に決めず、事前に準備をして後悔のない葬儀にしましょう


Calendar