葬儀と告別式

葬儀と告別式

葬儀を執り行うにあたっての一巡の流れについて

ご遺族の方は遅くても10分前には会場に入って席について参列者の方をお待ちしましょう。

会場に参列者を案内する係りは式場係りのかたの担当になります。決まった時間になって全員が席についてからお坊さんに会場に入っていただくことになります。参加者全員で目礼して、お坊さんが席についてから参加者は着席です。そこから、お坊さんのお経が始まります。30分くらいが目安ですかね。

葬儀社の選び方は自分の目で判断することをお勧めします。信頼できる葬儀社を探しましょう。


司会者の係りが弔辞をお願いするアナウンスをします。弔電に関しては司会の係りが読み上げます。お焼香は最初にお坊さんがするのです。その後、お通夜同様親族から行い終わったらお坊さんの退室になります。

葬儀のあと数十分、休憩して告別式を開始します。お坊さんが再度入場しお経を読んでいるときに、またお焼香します。お焼香か終わって、また、お坊さんが退室することで告別式は完了となります。

司会者が終了のアナウンスをすることになりますね。喪主の挨拶はここでするか、出棺の前となっているようです。葬儀・告別式の際には親族同士でもご遺族の様子を見てください。

過労・心労のために体調を崩される方もでてくるはずです。その際は目配せするなどして控え室に案内しましょう。

葬儀社を選ぶ際に、病院から紹介されたり、大手の葬儀社であれば安心だと思われがちですが、信頼できるか葬儀社がどうかは、自分の目で見て判断することをお勧めします。葬儀社の選び方のポイントは、「丁寧に対応してくれて、質問をしても親切に答えてくれる」「素人が見ても分かるような明細書を提示し、その中に何の費用が含まれているのか(または含まれていないのか)をきちんと説明してくれる」、「最初から提案を押しつけるのではなく、遺族の希望を良く聞いて、選択肢を示してくれる」などを見極めることが大切です。また、 葬儀を取り仕切る担当者についても、信頼できる人かどうかよくチェックしましょう。 



町田 不動産

Calendar