告別式の準備

告別式の準備

告別式の準備をしましょう。時間に制限があるので打ち合わせはきちんと

ほとんどのことは葬儀屋さんでしてくれますが、遺族のほうでしか把握できないこともあります。火葬場に行く弔問の方の人数に関してはご遺族の方にしか把握できませんよね?

それに関しては、こちらで確認をして葬儀屋さんに伝えることでバスの手配もできます。そういう葬儀屋さんに伝えなくてはいけないことは前の日、お通夜の終わった後にはまとめておいて確認盛ればないようにして葬儀屋さんに当日中に伝えましょう。

葬儀社の選び方は色んな業者に相談しましょう。そして慎重な選択をお勧めします。


当日の司会の役は適任者がいなければ、葬儀屋さんにお願いして司会の方をお願いしましょう。そのほかには葬儀の席順や供物の配置に関しても棺に近いのが位が高かったり故人との関係が近しいことなどを配慮しましょう。弔辞をお願いする場合、会社の上司、親しかったお友達など2人くらいにお願いするのが基本的です。

1人当たり2分くらいが目安です。弔電がたくさん集まってしまった場合、すべてを読むことはできませんので、3通くらいにとどめておき、他の方に関してはお名前だけを読み上げることにします。

火葬場に行く人数は先ほど書いたとおり把握していなくてはいけませんし、その人数によって手配するバスの大きさが変わります。この手配は葬儀社がしますが、この辺がスムーズに行かないと、その後のスケジュールに遅延が生じますので注意しましょう。

葬儀の日にはお手伝いしてくれたお世話の方に「心づけ」をお渡ししましょう。

本当に突然やって来てどうしたらいいか迷うのが葬式関連の出来事。普段慣れておりません。人生の内に遭遇するのは数件身内のことでしたら一度か二度のことです。そんな時困るのが葬儀社の選び方です。慣れていればこまることはないですが。またそのような状況下では冷静な判断 何をどうすればいいのかさっぱり分かりません。まずは身近な業者の方に相談いたしましょう。業者の方は要点がはっきりしております。気が動転している状態では整理が付きません。納得できなければ業者はたくさんあります。無理をすることなく他のいろんな業者を当たればいいだけのことです。冷静になることをお勧めします。



町田 不動産

Calendar